北陸エリア(富山・石川・福井)で、きょうだいの集まりや各種イベントを開催しています。オンライン開催もあります。月1回程度、不定期で実施しています。居住地の県内外は問いません。ご参加お待ちしています。

2022年10月10日開催 障害児者のきょうだいのための親なき後セミナー第二弾
「支援の現場からみた 親なき後の現実」

北陸きょうだい会が2019年に開催した「親なきあとセミナー」。親なき後の不安はきょうだいの人生を左右するほど大きなものです。前回は手続きやお金のことについて、親ある間に備える方法について専門家を招いて学ぶ機会を設けました。第二弾となる今回は、実際の障害者福祉の現場に携わる講師を招いて、来る親なき後、そしてきょうだい自身や障害のある方本人の最期について考えます。新型コロナウィルスの感染状況を踏まえ、ハイブリッドでの開催となります。

チラシデータ(pdf形式)については、印刷・転送・配布自由ですので、上記のリンクを開きご自由にダウンロードしてご活用ください。

■対象者
障害児者のきょうだい(兄弟姉妹)の方、親族・支援者などきょうだい支援に関心をお持ちの方

■定員
40名(ただしオンラインについては無制限)

■タイムテーブル
13:30~15:00 親なき後の現実 支援の現場から 
       講師:日本福祉大学教授・社会福祉法人睦月会理事長 綿祐二 先生
東京都内で障害者福祉施設の運営に携わり、ワーカーとして実際に親なき後、障害のある方本人の最期の現場にも立ち会われている綿先生から、親なき後の現実や今できる準備、そして「きょうだい」としての距離感を伺います。
15:15~16:00 質疑応答

■講師
日本福祉大学教授・社会福祉法人睦月会理事長 綿 祐二 先生

綿先生は、自分以外のご家族(ご両親、ごきょうだい)が障害者というお立場でもあられます。

■詳細・申込フォームはこちら▼
https://peatix.com/event/3343868

■その他

●案内チラシの配布にご協力下さる方を募集中です。送付先と必要枚数を明記の上、北陸きょうだい(hokuriku.kyodai@gmail.com)までご連絡ください。郵送費はこちらで負担します。

●本セミナーは、一般社団法人日本ケアラー連盟を通して頂いた、国際モータースポーツ体験事業実行委員会主催のイベントの収益金の一部の寄付により実現しました。心より御礼申し上げます。



北陸きょうだい会「お問い合わせ」ページ→こちら