2019年8月11日(日)カフェ【第14回北陸きょうだい会@福井】

福井・石川・富山から6名の方にご参加いただきました。初参加の方は1名でした。



自己紹介や近況報告を中心に、様々な話題が飛び交いました。

・実家を出て関東で一人暮らしをしていたが、親の意向に沿って地元に戻ってきた。
・婚活をしているが、最初、どのタイミングでカミングアウトするか悩んだ。
・最近結婚したが、将来についてパートナーが不安に思っていることが分かった出来事があった。
・実家にいた頃、親は障害のある兄弟姉妹が作った料理を「せっかく作ってくれたのだから」と毎日のように食べているが、料理としてのレベルに達しておらず、毎日食べることは厳しいと感じたので、家族と別々に食事をとるようになった。
・過去に、障害のある兄弟姉妹が包丁を持ち出してきたことがあり、トラウマになっている。
・主に仕事が原因でうつ病になった。現在は実家で生活しているが、いつかは一人暮らしをしたいと考えている。
・思春期の頃は反抗期がなかったが、今、親への“反抗期”が来ている、等々。

参加者のきょうだいの中には、過去に福井で開催されていた子ども向けレクレーションのイベントに出ることで、自分の居場所を見つけ、楽しい思い出を作ることができて良かったと語られた方もいました。
福井出身の方には馴染みのあるイベントだそうで、現在も開催されているとのことです。


2次会には4名の方が参加され、沖縄料理のお店で盛り上がりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です